有機栽培ベビーリーフ ビタミンCがレタスの4倍と栄養価がすごい

ベビーリーフ

発芽大豆サラダビューティーを製造販売している果実堂さんのベビーリーフです。

こちらも冷蔵コーナーで売ってます。

babyleaf_1

「ベビーリーフ」というのは、野菜の赤ちゃん葉っぱのことです。

発芽してから10日〜30日以内のもので、ミネラルが豊富なんだそうです。

入っているのは、ミズナ、ビート、ルッコラ、ピノグリーン、レッドオーク、レッドロメインの6種類。

babyleaf_2

それぞれの特徴などを少しだけ書き出してみますね。

ミズナ 京野菜。カルシウムがほうれん草の3倍
ビート 赤い葉脈が特徴。マグネシウムがほうれん草の2.4倍
ルッコラ ゴマのような風味が特徴。少し苦味があるイタリア野菜。βカラテンがかぼちゃの1.3倍
ピノグリーン 小松菜の仲間。クセがなく、食べやすい
レッドオーク レタスの仲間。ナッツの風味がある。カリウムがスイカの5.7倍
レッドロメイン フランス生まれの野菜。抗酸化作用が高く、亜鉛がかぼちゃの5.7倍

レタスでサラダを作るより、ベビーリーフで作ったほうが栄養価が高くなるのでサラダをよく食べる人にはおすすめです。

ただ、買ってきたベビーリーフをそのまま保存しておくと、数日で葉っぱがダメになってきてしまいます。

なので、以下の方法で処理してから野菜室で保存するのがおすすめ。

  1. 容器からベビーリーフを出して、水を入れたボールに入れて洗う。
  2. 水を切る。
  3. キッチンペーパーに軽く包み、そのままタッパーに入れて冷蔵保存する。

これで、普通の保存するよりも長持ちします。

 

商品情報

商品名:果実堂 熊本県産 有機栽培ベビーリーフ
内容量:200g
価格:498円(購入時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です