KS ピュリファイドウォーター 商品名が変更に 原材料が水道水???

ピュリファイドウォーター

以前は35本入りだったのが、40本入りになって【新製品】として登場。

私はまったく気づいてなかったのですが、いつのまにかドリンキングウォーターからピュリファイドウォーターに商品名が変わってました。

包装からは変わったことにまったく気づきませんでした。

ピュリファイドウォーター

↓↓↓以前売っていたドリンキングウォーター↓↓↓

カークランド ドリンキングウォーター

こうやって比べて見ると違いますが、パッと見では分かりませんよね(汗)

ピュリファイドウォーター

そして、商品名だけでなく、原材料名も変わり、ドリンキングウォーターは原材料名が「深井戸水」となっていましたが、ピュリファイドウォーターは「水道水」

ピュリファイドウォーター

ピュリファイドウォーターとは?

ピュリファイドウォーター(purified water)は「浄水」なので、水道水をろ過してボトルに詰めたものですね。

アメリカでは、安いボトルウォーターのほとんどが浄水なんだとか・・・

日本の場合、最近では自宅にもウォーターサーバーを置いている家庭も多いですが、日本の水道水は安全性が高いので多くの人が水道水を飲料水や料理に使っていますよね。

アメリカの場合は、昔に比べて水道水の質も良くなり安全性も高くなったため飲料水としてや料理に使う人も多いようですが、それでも地域によっては水道水が料理に適してなかったり、硬すぎて飲めなかったりということもあるようです。

なので、こういう安いボトルドウォーターが人気なのかもしれませんね。

ペプシやコカコーラもカークランドシグネチャーと同じような浄水を詰めたボトルドウォーターを販してますし。

このピュリファイドウォーターの原材料がどこの浄水なのか、どれくらいろ過されているのか・・・などなど気になるところですが、FDAはミネラルウォーター販売メーカーに対して水の成分や採取場所、処理方法などを消費者に伝える義務を定めていないということなので、そういったことは消費者が知る余地は無く・・・・・

原材料が水道水になったことで、今後リピするかどうかは微妙なところ。

以前販売していたドリンキングウォーターの商品レビューはこちら

現在、KSブランドのオーストラリア産のミネラルウォーターが販売されてます。

商品情報

商品名:カークランドシグネチャー ピュリファイドウォーター
原材料名:水(水道水)、塩化カルシウム、炭酸水素ナトリウム
内容量:500ml x 40本
価格:768円(購入時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です